当ウェブサイトは安全と利便性向上のためにクッキー(Cookies)を使用しています。詳細はこちら

法人向けクラウド・ネットワークサービスのPacketFabric

ソリューション
SOLUTION

帯域保証と帯域確保は違います。
PacketFabricの帯域保証型インターネットサービス

コストだけで選択していませんか?
本当に”落とせない”重要回線なら、選ぶべきは「帯域保証」。

まずは、帯域「確保」と帯域「保証」の違いについてご説明させてください。

ここ数年で、「帯域確保」型という回線サービスがよく見受けられるようになりました。「帯域確保」とは、通信帯域の最小限を担保した回線のことです。主に、予め定められた最低帯域を約束しますが、実際の通信速度は上限に達しないことがあります。
例えば、1G bpsの契約に対して最低限10Mbpsの帯域は約束する、というサービスとしてここ数年よく提案されるようになりました。この場合、つまりは最大1G bps、最低10Mbpsの通信回線ということです。価格は安価となりますが、トラフィックの増加による帯域ひっ迫のリスクがありますので、ビジネスの要件に十分応えられるとは限りません。実際の使用状況によっては不安定になる可能性があります。
「帯域保証」とはその名の通り通信の帯域が約束された通信回線で、契約帯域を常に保証します。例えば、1Gbpsの契約をすれば常時必ず上りも下りも1Gbpsの速度を保証する、というサービス提供体系です。
PacketFabricの「帯域保証」サービスは、通信品質、信頼性、および顧客サービスにおいて、卓越した価値を提供します。

特徴 帯域「確保」サービス 帯域「保証」サービス (PacketFabric)
最低帯域の保証 一部あり
例)1Gbps契約に対して10Mbpsの保証
契約値を保証
例)1Gbps契約に対して1Gbps常時保証
最大帯域までの保証 × 契約値を保証
例)1Gbps契約に対して1Gbps常時保証
通信の安定性 ×
サービスの
カスタマイズ性
×
顧客に合わせた
最適な料金プラン
×
SLA品質保証 ×

PacketFabricでは、「ISP」の枠を超え、お客様一人ひとりのニーズに合わせたカスタマイズされたサービスを提供しています。WEBサイトやコールセンターを通じた一般的な対応ではなく、専任の担当者が直接お客様の要望をヒアリングし、お客様の環境に最適なソリューションをご案内します。
これにより、各お客様の状況に応じた最適な帯域保証サービスを実現し、お客様に安心してご利用いただける通信環境をお届けします。

なぜPacketFabricの帯域保証か?

  • 1回線の太さだけではない!通信品質が違います!
    独自のMIRO技術により、従来のインターネット通信に比べて遅延、パケットロスを大幅に削減。
  • 2高速クラウド接続できます!
    独自のダイレクト・ピアリングネットワークにより、主要なクラウドサービスやSaaSへの直接接続を可能にし、高速アクセスを実現。
  • 324時間、365日有人サポート
    20年以上の実績を持ち、技術レベルの高さでお客様より高い評価をいただいているNOC(Network Operation Center)が、24時間365日体制でお問合せに対応いたします。

どうしても落とせないITサービスや重要拠点への採用を検討しているのであれば、まずは「帯域保証」をご検討ください。PacketFabricでは「価格」ではなく、「価値」を重視したサービス選択ができ、お客様のビジネスに最も適した帯域サービスを3Mbpsから10Gbpsまでお選びいただけます。

サービス帯域およびアクセス回線

イーサネットサービス
10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
1000Base-SX
10GBase-LR
帯域保証型 【固定料金】3M~10G
【従量制料金(95%ルール)】
10M (2Mミニマム~1M単位)
100M(10Mミニマム~10M単位)
1G  (100Mミニマム~100M単位)
10G  (1Gミニマム~1G単位)
ベストエフォート 【固定制】100M、1G
  • 従量制課金(95%ルール採用)、固定制2種類のメニューがございます。

重要拠点、重要サービス向けなら
PacketFabricにお気軽にご相談ください。

各種お問合せ、お見積もり、資料請求に関するご質問を承っております。まずはお気軽にご連絡ください。

1.MIROが実現する「低遅延」

PacketFabricの帯域保証型インターネット回線は、従来のインターネット通信と比較して44%の遅延を解消。
それを実現しているのが、MIRO( Managed Internet Route Optimizer )です。

MIROは米国INAP社が1990年代から長く開発と改良を続けてきた独自のルーティング技術で、現在はPacketFabricが受け継いでいます。

インテリジェント・ルーティング

複数の上流プロバイダを経由して世界中の宛先に対して調査パケットを送信することで、インターネット上で発生している通信遅延やパケットロスをリアルタイムに測定し、その結果に基づいて最も品質の良い経路にルーティングの切り替えを行います。つまり、通信の宛先や時間帯に即した最適な経路を常に、自動で選択するのです。

?

MIROにより、不安定なインターネットにおいても確実かつ低遅延でデータを宛先に送信することができます。

2.ダイレクト・ピアリングによる「高速クラウド接続」

PacketFabricのバックボーンは、独自の「ダイレクト・ピアリングネットワーク」によって数千以上のクラウドサービス、SaaSなどとダイレクトに接続しています。もちろんこの中にはAWSやMicrosoft 365、Google Cloud、ORACLEといったメガクラウドも含まれます。
今も昔もインターネットのHUBを担っているTier1プロバイダを迂回することにより、日々ビジネスに利用するWEB会議サービスやなどへの安定したインターネット接続が可能となります。

3.業界の常識を超えたSLA「可用性100%」

一般的なISPの保証範囲は自社のネットワーク内のみにとどまり、自社ネットワークから一歩出た通信に関しては保証がありません。それがゆえにインターネットは「ベストエフォート」と言われるのです。

しかしお客様が真に求めるのは、インターネットを介した通信先までの品質。PacketFabricは、インターネットを経由したパケットの通信品質を保証する唯一のプロバイダです。しかも、ネットワークアベイラビリティ100%という業界の常識を超えた通信品質は、ネットワークの可用性を追求する多くの企業に選ばれています。

業界の常識を超えたSLA「可用性100%」
項目 保証値
ネットワークアベイラビリティ 日米間 100% 日欧間 100%
遅延 日米間 150ms以内 日欧間 325ms以内
パケットロス 日米間 1%以内 日欧間 1%以内

導入までのステップ

PacketFabricでは、お客様がスムーズにサービスを導入できるように、以下のステップに従ってサポートいたします。各ステップはご要件に応じてカスタマイズが可能であり、お客様と緊密に連携して最適なソリューションを実現します。

導入までのステップ

他社回線との圧倒的な違いを体感してみませんか?

各種お問合せ、お見積もり、資料請求に関するご質問を承っております。まずはお気軽にご連絡ください。

導入事例

auカブコム証券株式会社 様「レイテンシーが1/20、リモートワークも快適に」

auカブコム証券株式会社様

検討のきっかけ

PacketFabricの回線導入前は、日常業務で利用するインターネット回線はベストエフォート・シングル構成でした。
輻輳や障害が発生しても回避する手段が無かったため、社内ユーザから業務利用のWebブラウジングが遅いといった声が挙がったり、リモートワーク時のリモートVPN接続で画面転送が遅い、繋がりにくかったり、といった事象も発生していました。

導入の経緯

auカブコム証券株式会社様

そこで、回線帯域増速後のレイテンシーを調査すると、低い時でも50msec、ユーザから遅いといった声の挙がる始業・終業時間帯前後では100msを超えるレイテンシーであることが判明。

ベストエフォート回線の性質上、回線帯域を増やしても、通信先までのレイテンシーが改善されなければ、ユーザの体感速度も良くならないと考え、PacketFabricの回線を導入しました。

導入の結果

結果、始業・終業時間帯前後に高くなる傾向にあったレイテンシーが1/20に下がり、リモートワーク一斉導入時も問題なく対応できました。回線品質の課題は解消され、ユーザからの問い合わせも減少しました。

この事例の詳細を見る

各種お問合せ、お見積もり、資料請求に関するご質問を承っております。まずはお気軽にご連絡ください。

ページトップ戻る